tbsmcd.net : Home | Archives | Tags | Search | Profile

Vue.js + lunr.js を使い hugo サイトに全文検索を追加する

2020-03-06

月面バギーのイラストです

成果物

生の html を書きたい

hugo では Markdown を使う。一般的な Markdown では html を混在して書けるが、 hugo では以下のようになる。

index.md

<a href="#"><img src="/img.jpg"></a>

↓ index.html

<p><a href="#"><img src="/img.jpg"></a></p>

このように p タグで囲われた状態で出力されるため、たとえば Amazon のアフィリエイトを貼り付けると無駄な改行が入ってしまう。このままでは JavaScript でページを作る上で多少の不都合がある(表現が自由ではない)ので、生の html を出力する shortcode を作成する。

/layouts/shortcodes/raw.html

{{ .Inner }}

このように使える。

参照: Simple Shortcode to Insert Raw HTML in Hugo · Ana Ulin

index.json を出力する

今回は How to make a client-side search engine with Vue.js and Lunr.js - Fabio Franchino の方法をパク踏襲して、まずは動かしてみる。リンク先のコードにおいて axios で読み込む json に相当する情報を hugo で出力する必要があるので、それを index.json とする。 /layouts/_default/index.json に layout を、config.toml に設定を追加すれば index.xml (RSS)のように出力することが出来る。

/layouts/_default/index.json

{{ $items := slice }}

{{ $counter := 0 }}
{{ range .Site.RegularPages }}
  {{ if in .Permalink "/post/" }}
  {{ $counter = add $counter 1 }}
  {{ $date := .Date.Format "2006-01-02" }}
  {{ $items = $items | append (dict "id" $counter "title" .Title "body" .Plain "url" .Permalink "date" $date) }}
  {{ end }}
{{ end }}

{{ $items | jsonify }}

単純に slice として定義した $items にページの内容を dict として追加していっている。id は今回のソースでは使用するというだけで、別に url を同じく用いてもよいだろうと思う(検証はしていないが)。何も考えず全ページを追加すると /profile/ や /search/ 自身まで対象となるので、リンクに /post/ が含まれるページだけという条件をつけている(if in .Permalink "/post/")。最終行ではループで組み立てた $items を jsonfy で json 化して出力している。

同じようなことを解説しているページで .Scratch を使っているパターンがあるが、このように単一ページで用いるだけの変数には必要のないと思う。ドキュメントには allow for writable page- or shortcode-scoped variables. とある。スコープをまたぐときに使うように読めるが、今回は関係ない。物事はシンプルに記述したほうが良いだろう。

また config.toml にはこのように。

[outputs]
home = ["html", "json", "rss"]

検索ページを設置する

search.md

lunr.js はここから、lunr.stemmer.support.js tinyseg.js lunr.ja.js はここからダウンロードする。

search.js

検索対象が本文とタイトルなので、そのように指定している。

lunr-languages の README では多言語に対応する方法として

this.use(lunr.multiLanguage('en', 'ru'));

と書かれているのだが、同じように日本語を、例えば 'en', 'ja' のように指定しても希望通り動かない(英語だけが有効になる)。これは既知の問題のようだ。

そのため今回は this.use(lunr.ja) と日本語だけを検索するよう書いたのだが、もちろん多言語対応していないので次は英単語の resource などを検索できない問題が生じる。そのため姑息的対処として this.resuls = this.searchIndex.search(*${this.search}*) でワイルドカードで検索できるようにした。これで resource なども検索できるのだが、ならばいっそ lunr を使わず Vue だけで検索を作っても良いのではないかという気にもなる…… lunr-languages に貢献するのがいちばん良いのかな。

以上で検索ページは実現できる。

今後

Tags: hugo Vue.js lunr.js